ここに注目!賃貸生活のチェックポイント

部屋の向き

住宅の善し悪しというのは、どういったところで決まるのでしょうか。
良いと思える基準というのは人によって違うと思いますが、まずは、部屋の向き、つまり陽当たりの度合いというのを気にする人は多いのではないでしょうか。
戸建てとは違い、賃貸物件の場合は、すでに存在する部屋から自分で選んでいかなくてはいけません。
そのため、その条件で良いのかどうかということを自分で判断しなくてはいけないということですが、その中で特に考えて決めなくてはいけないのが、部屋の向きです。
つまり、部屋の中で一番大きな窓があるのは、どの方角なのかということを気にすることが大切ということです。
まず、一番人気がある部屋というのは、なんといっても南向きの部屋です。
南向きの部屋というのは昔から人気があるため、賃貸であっても、分譲であっても、南向きの部屋の場合は他の部屋に比べて家賃が高く設定されていたり、価格が高くなっていたりします。
それでも、やはり陽の当たり具合というのは重要なので、多少出費が増えたとしても、南向きの部屋を希望する人が多いようです。
毎日の生活のことなので、やはり薄暗い部屋というのは気分が滅入ります。
また、一日中暗い場合は、部屋を明るくするために、昼間でも電気をつけておかなくてはいけなくなるため、電気代がかさむという問題もあります。
そういう意味でも、やはり部屋のなかに太陽のあかりが入ってくるというのは大切な条件ということです。
とはいえ、南向きの物件というのは多くがすでに入居済みである場合があり、また、良い部屋に巡り会えたとしても、家賃などの問題で、予算を超えてしまう場合は契約するということが難しいと思います。
その場合は別の方角の部屋にすると思いますが、一番避けたいのが西向きの部屋です。
西向きというのは北向きに比べると良いのではないかと思う人もいるかもしれませんが、西向きというのは一番避けたい方角の部屋です。
理由としては、西日がはいってきてしまうということです。
西日であってもあかるいから良いという考えはあぶないと思います。
西日というのは、ただ単にまぶしいだけで、快適には暮らせません。
西日が入りすぎる部屋というのは、生活がしにくいということでも有名です。
どうしても南向き以外の部屋にしなくてはいけない場合は、東か北向きの方が良いと言えます。
北向きというのは暗いというイメージがありますが、建物の周囲にありに大きな建物がないという場合は、暗すぎるということもないと思います。

Copyright 2017 ここに注目!賃貸生活のチェックポイント All Rights Reserved.