ここに注目!賃貸生活のチェックポイント

洗濯機の位置

部屋に洗濯機があるだけでも充分だという人もいます。
確かに、賃貸物件によっては、自室に洗濯機を置く場所がなく、設置できないので、コインランドリーに持っていってあらっている人や、洗濯機は共同の場所に設置してあるので、そこでお金を入れて自分の分を回すという人もいます。
そういった環境のことを考えると、自室に洗濯機があるというのはとても良い環境のように思えます。
ですが、注意したいのが、自室とはいえ、部屋の中ではなく、ベランダの場合です。
狭いワンルームの物件の場合、室内に設置することができないからと、ベランダ部分に設置できるようにしてあるところがあります。
確かに、室外とはいえ、ベランダの場合は、サンダルなどをはけばすぐに行くことができるので、自室といって良い距離です。
そのため、一見不便ではないかのような気になりますが、これはとても不便です。
理由としては、まず雨が降った場合に、ベランダで洗濯機を使用することができないということです。
雨が降っているのに外に出ようとすることでさえ億劫であるのに、その中で洗濯機をまわそうとするのは、とても億劫です。
そのため、洗濯をするということが面倒なことになり、快適に洗濯をする環境とはいえないということです。
このように、外で洗濯をするというのは、非常に気持ちの面でハードルが高くなるということです。
また、外に設置すると、洗濯機が故障しやすくなるというデメリットもあります。
やはり機械なので、雨風にさらされる環境というのは良い環境とは言えません。
洗濯機が故障した場合は修理をするなり、買い換えるなりをしなくてはいけませんが、その度にベランダから運び出さなくてはいけないので、それもまた手間です。
こういったことから、洗濯機を室外に置くということは避けた方が良いです。
どんなに部屋が狭くても、やはり室内に洗濯機がおける場所が用意されているというのが大切です。
家賃の都合などがあると思いますが、多少部屋が狭くても、きちんと洗濯機を置く場所が用意されていて、防水パンが設置されている部屋というのを選ばれると良いと思います。
洗濯というのは、しなくても良いということはないので、何らかの方法で洗濯をしなくてはいけません。
コインランドリーというのは洗濯をするたびにお金がかかるので、やはり自室で洗濯をするということができる環境であるのが、日頃のお金の節約にも繋がるのではないでしょうか。

Copyright 2017 ここに注目!賃貸生活のチェックポイント All Rights Reserved.